Blog

Wima MKS2というコンデンサーに偽物問題があったらしい

自分がエフェクター等作る時によく使うコンデンサーに、WimaのMKS2という種類の物があるのですが、これの偽物があるというブログ記事がでてちょっと問題?になった事が何年か前にあったようでした。 具体的には、コンデンサの側面に容量などが印字されている物と、トップの部分に印字されてる物の二種類があり、後者が偽物という事らしいです。

一応気になって調べてみたのですが、どうやらこれはどちらも本物のようですね。 WIMAのホームページ内(コチラ)に『2005年9月の時点で、WIMAはPCM 5mmの金属化コンデンサを段階的にトップマーキングに変更しています。』との記載がありました。

で、実際の問題はそれらに音の違いがあるのかって事ですよね。 という事で、手持ちのMKS2を比較してみましました。

手持ちだとこちらの4種類ありましたね。 左の3種類は容量、公差、耐圧すべて同じものですがやはり音に違いはありました。 一番左のが聴き慣れたMKS2の感じで、次のがもうちょっと音がはっきり、くっきりしている感じ、右から2番目はちょっとすっきりしすぎてスカスカに感じました。 底が黄色のバージョンの物にも音に違いが出てビックリでした。 そして一番右の物は黄色バージョンの許容差が5%のタイプ。 これも音は違って、黄色10%の物を、よりレンジが広がってドンシャリ(ハイファイ)にしたような感じに思いました。 ギターにはちょっとハイファイ過ぎるかも、、、。 個人的には黄色10%が一番好みかな〜。


【自作】Timmy 完成

トランスペアレント系ODのTimmyが完成しました。

今回は前に作ったTimmyのケースだけ流用して、中身を総入れ替えして作りました。

パーツ等は一番お気に入りで使っている物をチョイス。 しかし、最近はコンデンサ等で良いものがどんどん廃盤になってしまっていてほんとに残念ですね。

このエフェクターはODの中で一番のお気に入りです。 トランスペアレント系ODの元祖と言っても良いと思いますが、ホントに癖が少なくて原音忠実に歪んでくれます。 深すぎない位の歪までが良い感じだと思いますね。


ライブ! 9/23(祝) at池袋インデペンデンス

昨日、一つ年をとりまして38歳になりました。 コロナ禍の中なかなか思うように仕事や活動ができなかった一年でしたが、プライベートでは大きな変化があったりと、忙しく過ぎていきました。

次の一年は少しずつでもコロナが落ち着き良くなっていく年となって欲しいなと願います。

そして今月はこちらのライブがあります。 ご無理のない範囲で是非お越し頂ければと思います!

○9/23(祝) 池袋 Independence
“Guitar & Piano Duo Jazz Live”
with 石渡雅裕(pf)
・Open 13:30
・Start 14:00
・Music Chage ¥2500

☆ピアノの石渡君とのデュオでジャズライブです。 二人のオリジナル曲、ジャズスタンダードを中心に演奏します。 先日出来立てほやほやの新曲もやる予定です。 ボサノバでとても良い感じです!

今回は祝日ということで、アフタヌーンライブで14時〜の演奏となります。 ご無理のない範囲で、ぜひぜひお越し下さいませ。


“Grinning Dog”のピックアップをオーダー

ずっとオーダーしたいなと思っていたGrinning Dogのピックアップをオーダーしてみました。 迷っていたのは、値段とあとモデルと仕様をどうしようか考えていたから。

オーダーしたモデルはハムバッカーの60 Modelで、ショートレッグ仕様のハンダとピックアップからの配線材はいつも気に入って自分が使っているものを使って作っていただきました。 カバーは迷ったのですが在庫がメッキなしのものしかないとの事でとりあえず付けませんでした。

で、7日にメールで注文して、入金やハンダ、配線材の発送などもあって少し時間かかるかと思ってたけど、18日に届きました。 Don Mareとか半年かかりましたから比べたらかなり早い笑

開けてみての感想は、めちゃめちゃ丁寧に作られてると感じました。 テープの巻き方一つみてもめちゃ丁寧。 とても好感が持てます。

一応抵抗値をメモしておきます。

フロント 7.85kΩ

リア 8.30k

でした。

で、 実はもう仮組み込みしてあるのですが、またそれは分けて書こうとおもいます。


自作 SHO 2台

SHO (Super Hard On)を2台作りました。

見た目はほとんど一緒です。 写真では分かりにくいですが、一応ラストに吹いたクリアースプレーが艶有り、つや消しの違いがあります。

中身は抵抗器の種類がカーボンかカーボンコンポジションの違いがあります。 他のパーツは同じです。

回路にボリュームノブをどちらにもプラスしています。

【カーボン抵抗ver.】

【カーボンコンポジション抵抗 ver.】

これまで色々とブースターは作ったのですが、SHOは今の所1番お気に入りのブースター回路です。

ゲインを上げていくと少し歪みが加わって、音全体も元気になっていきます。 ミッドもいい感じにプッシュされていくのが良いですね。

抵抗器の違いは、カーボンは癖が少なくてオーソドックスな感じ、カーボンコンポジションはもう少しハイもローも出て音が乾いてる感じでしょうか。

回路が簡単でサクッと作れるのに、普通に音が良いブースターです!